小話第27話

Buona Sera!
最近、イタリア語を勉強していて、これには、ちょいと訳がありまして、次回にお話します。

実は私の文章を読んで元気の出た人がいたので、嬉しくなってしまい、まめに更新をしよう
などと調子にのって思っています。

今年は残暑が厳しくて、毎日、寝苦しい思いをしている人も多いのではないでしょうか?TV
でも、心霊特集が組まれたりしてるし、やっぱり、ぞっとすると涼しくなるってことなんだろう。

では今日のお題「恐怖」
学生の時、当時付き合っていた彼と北海道に旅行に行った。暇はあるけれど、金のない学生
だから、レンタカー付で、宿と飛行機だけ用意してくれるツアーを選んだ。

札幌から、網走、知床までゆき、旭川経由で札幌に戻る旅行で、今考えれば、結構、日程
的にはハードな旅行だった。(何日の旅行だったかは記憶でさだかでない)

さて、広い、広い、北海道。何日目かに、知床に泊まる予定だった私達。前の日から、おせお
せのスケジュールだったから、寝坊したりして、スタートが遅くなってしまった。

知床に向うころには、もうすっかり日も暮れて、あたりは真っ暗になってしまっていた。『本当
にあった怖い話し』の再現VTRのようなシュチエーションで、左に海、右に山が続く道路をヘ
ッドライトの明かりだけをたよりに、泊まる宿を目指し、走っていた。

道路には外灯があるはずもない。すれ違う車などもなく、前後にも車の影すらない。

ただ、ただ、漆黒の闇と、沈黙が続く。気のせいか、なんだか、空気がねばついているようだ。
黒いチューインガムに車全体が包みこまれてしまったかのようだ。
 
「ラジオでもいれようか・・・?」彼
「いや、変な声とか聞こえたり、突然ラジオが切れたりしたら怖いからいいよ!」私
「はははっ・・・テ、テープとか持ってくれば良かったね・・」彼
「・・・・・・・・・」無言の私。

かすかに、前方から光が見えた!
あっ!車のライトだ!ヘッドライトだよ~!なんだか私達は妙に嬉しくなってしまい、二人で
「お~ぉぉぉぉい、お~ぉぉぉぉい!」・・・・ワハハハ
すれ違う車に手なんか振ったりした。もちろん、首なしライダーだったりしなかったし、ただ、
普通に対向車とすれ違っただけだったのに、すごい安心した。

沈黙。

一瞬、対向車とすれ違う事で薄れた恐怖がまたよみがえってきた。

し~ん。

運転している彼。黙って前だけを見つめている私。何を思ったのか、私、首を90℃に
ゆっくりとまわし、すーっと彼を見つめた。

すると、同じように、運転しているにもかかわらず、彼が同じようにすーっとこちらに顔を
むけ、私を見つめかえしたのだった。その時・・・・

「ギャーーーーーーーーーーーーッッッッ」私は叫んだ。力の限り叫んだ!
「ギャーーーーーーーーーーーーッッッッ」彼も叫んだ。

キキキキキッー。車は急停車した。

「何ーーーーいっ?なんなのー?」私。
「何なんだーーーーーー?まーちゃん、何が見えたんだーーーーっ?」絶叫する彼。

へっ?私、何にも見えてないよ。しいて言えば、あなたの顔が怖かったくらいだけど。

結局、あまりの孤独の恐怖に、ただなんとなく叫んでしまった私に、彼がつられて叫び、
車を止めただけの話しだったのだ。しばらくして、なんとなく、しらけたムードで、
「じゃ、行こうか・・・」と冷静に車を走らせ、無事に宿にたどり着いたの私達だった。

今でもあの時を思いだすと、笑える。でも、私の記憶では確かに、、見つめ返した彼の
顔が、懐中電灯に下から照らせれて、ぽっかり宙に浮かんでいたように思いだされるのだ。

その後別れてしまったけれど、彼は元気だろうか?
[PR]

by masanesan | 2006-08-24 23:21